愛犬カフェの出産記録&カフェとモカの親子日記


by kaffeemocha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NHKクローズアップ現代〜ペットビジネス 遺伝病の闇

今夜放送されたNHK総合のクローズアップ現代《ペットビジネス〜遺伝病の闇》を見て
いろんな思いが心を よぎりました。
ほんとうに メディアの影響は大きいです。
動物番組で今人気の種類を特集したり、
CMで話題になると、途端に売れる現実。
ペットショップで「可愛かったから」、
「こどもにねだられて」買われ、世話が大変になったからとか
病気になったからと 飼育放棄される子もいる。
番組の中で映った お世辞にもきれいな環境とは言えないブリーダーから
発せられた 「売れるためには 無理にでも掛け合わせる」という言葉。。。、

一方、病気の遺伝子を持っているか きちんと検査しているペットショップや、
大切なこたちを譲るのにふさわしい飼い主かどうかきちんと話し合い、
譲った後もコンタクトをとるブリーダーもいる。
でも そんなのは 市場に出回るペットの確率全体の何パーセントだろうか。

うちの子 カフェは13歳。
もちろん コーギーを、迎えたいと思った時には
将来 DM(変性性脊髄症)になる可能性なんて 全く考えてもいなかったし、
この病気自体も ここ5年くらいになって注目されてきたのだから
今でも知らない人は多いでしょう。

遺伝子……人間であったらものすごく重要に考えるけど、
ペットであれば 問題にせず ほっておいた結果が 今出ているということ。

カフェは 9年前に7頭の子たちを産みました。
その子たちも 10歳を超したら発病する可能性があるかもしれない。

でも、発病した子たちには不幸ばかりが待っているとは限らない。
番組の中で 車椅子のオフ会の様子も ちらっと映っていて、
歩けなくなった子たちが車椅子で 生き生きと走っている現実もある。

「ペットを飼う」ことが 軽いことではなく、
もっと責任を背負う重いことであってほしい。
どんな将来が待っていても 生涯大切にして欲しい。
その想いをすべての人が持っているわけじゃないから、
後ろ足が立たなくなった犬を ケージに入れたまま、
山に捨てる人が出てくる。
病気になれば、お金もかかるし、介護も大変です。
愛があれば乗り越えられるけど、ない飼い主に出会ったら……かわいそうだな。

カフェの兄弟姉妹はやはり7頭でしたが、
その 兄弟姉妹の縁で知り合い、カフェのことをいつも見守ってくれるお友だちがいます。
カフェ以外の女のコ2頭は、残念ながら 10歳になる前に 虹の橋を渡ってしまいました。
悲しいけれど、病気はいつやってくるかわからないです。
ここまで生きてこれたのは 喜ぶべきなのかもしれない。

カフェの大好きなお魚ウオッチングが いつまでもできるよう、寝たきりになっても
見せに連れて行ってあげたい。
だって 一番生き生きしてるから!

b0122401_23334245.jpg

出会って 家族になったら やっぱり いつまでもこのまま 一緒にいたいと願うのは
家族と思える人なら
だれでも 同じですよね!

番組の中で、車椅子のオフ会の様子が使われ、カフェも少しだけ映りましたよ。

追記
DMの遺伝子検査は、3つに分かれるようです。
b0122401_19252594.jpg

〈正常〉 〈キャリア〉 〈アフェクテッド〉
カフェは、検査の結果 陽性としか言われませんでしたが、
コーギーの90%は 遺伝子異常があると言われています。
ただ、それに何かのスイッチが入ると発症する。
10歳過ぎても、自分の足で歩けるコーギーは
スイッチが入ってないだけなのでしょうか。
カフェの場合、3歳半で出産した後に
家の中で木の箱につまづいて、後ろ足左を痛めたことが ありました。
捻挫かと思っていたら、なかなか治らず 前十字靭帯を痛めたようでした。
これがきっかけになったのかなーと
今では思います。。。
[PR]
トラックバックURL : http://kaffeelove.exblog.jp/tb/26549229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kaffeemocha | 2017-01-12 00:12 | カフェ | Trackback | Comments(0)