愛犬カフェの出産記録&カフェとモカの親子日記


by kaffeemocha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3月6日に手術し、術後の経過は順調。
少しずつ普通の硬さのご飯も食べられるようになり、
3日前からは 💩も軟便から 形になるものになりました。

抜糸までは 大きなカートで暖かい日に 外へ。

b0122401_19584457.jpg
川まで来ると、下に降りたそうな顔!
でも、水が全くないので がまん、がまん。
b0122401_19592542.jpg

b0122401_19594946.jpg
やっと抜糸してもらったし、今日は雨がたくさん降ったから、
明日のお散歩は 車椅子で行けるよ!

・・・・・・・・・術後の回復の喜びだけなら よかったのですが、
病理検査の結果が 出ました。

脾臓については   「血管肉腫」。
腸の一部については 別の悪性腫瘍。

血管肉腫は 予後の悪いガンです。
もとの 臓器を摘出しなければ余命 3か月。
手術で取っても 転移が多いので 半年くらい。

今日、今後の治療について 獣医の先生と相談してきました。
 今の元気な状態で 強い抗がん剤を点滴する方法がひとつ。
  ただし、副作用で体が弱ったり 食欲が落ちる。

あるいは、肝臓に白い斑点があったので転移が始まっているかもしれないが、
弱めの内服薬で 様子を見る方法。
 
     私は後者を選択しました。

今日の血液検査の結果では、前回の術後1週間めの数値よりも、肝臓も正常値の範囲だし
白血球も少なくなっていました。
それだけが 救いです!

カフェの後ろ足の麻痺から 約3年が経ち
前足も立てなくなってきた今、これから進行するDMと ガンの転移と
どちらが先か わからないけれど

一番 状態のよい今
またカフェの 食べる楽しみ、川でオサカナを見る楽しみを
もうしばらく 続けることができることが 大事なこと。

これからの病気との戦いを 一緒にがんばること。
そう 決めました。

手術した病院での抗がん剤治療と定期的検査
それに ホリスティック療法の病院でのいくつかの療法を試してみるつもりです。

できるだけ長く 一緒に居たいから・・・
できるだけ長く カフェの笑顔を見たいから。
 
 

[PR]
by kaffeemocha | 2017-03-21 20:38 | カフェ | Trackback | Comments(0)

13歳での手術

昨年秋ぐらいからカフェの腹部左側にシコリがあると気づいて居ました。
12月になってオシッコの出が悪くなったので、圧迫排尿し始め シコリが大きくなって
きたのが気になりました。
この頃は、いつものカフェのお散歩コースの河原へ行く道が
舗装工事のため行けなくなって そのストレスでお腹にガスが溜まったようでした。
ところが1月に入ると、朝の食欲が半減し
それも 寝たきりのせいかな?と思っていましたが、
毎週マッサージに通う病院で 診察を受けてお腹を見てもらったら
やはりシコリは異常なので エコーで診てもらい、血液検査もしてもらいました。
一年前 カフェの卵巣と子宮を摘出した時に、執刀した先生から
『脾臓が石灰化してきてる』と言われたことから、脾臓を疑っていましたが
やはり検査の結果も脾臓が怪しいと。
血液検査で目立ったところは 貧血と炎症でした。
ホリスティックな療法を取り入れているここの病院では、
カフェの状態や栄養面からも 外科的手術は勧められないとの見解。
内科的治療〜オゾン療法や高濃度ビタミンC点滴の説明を受けました。

それでも、脾臓を取った友だちがいることや
原因が手術で取れる部分であり、カフェの体力とこれからを考えると
私は 取ってもらうことが可能なら……と
セカンドオピニオンで これまでカフェの手術をお願いしてきた
近所の病院でも診てもらいました。
エコーの検査で脾臓と再度 確信し、そこでの院長先生に言われたことは、
『手術で取ることは簡単。でも、この子の負担を考えると家族でよく相談して。
1番納得できる方法を選んで』
そして先週末、息子と娘も呼び寄せて 手術できることならと
お願いすることに決めました。
6日月曜日、
お昼前にカフェを連れて行き、術前検査。




b0122401_19540570.jpg




心電図は、不整脈はあるけど 先週末よりはマシ。
血液検査では、貧血や白血球はやはり前回よりよい。肝臓腎臓も問題なし。
そして、パンパンに張ったお腹から腹水を抜いて、
腹水を抜いたことで下がった体温を温めながら 手術に入ることになりました。

12時に麻酔開始。『1時間で終わらせるよ』との先生の言葉で、
そのまま 待つこと30分。
助手に入った先生からトレーに入った脾臓を見せてもらいました。
正常なら小指くらいの細い臓器が、縦20センチ、幅10センチに肥大して
あまりの大きさにビックリ。
こんな硬いものがあったら、苦しいはずです。
そしてさらに30分後、もう一箇所の気になるところが摘出されました。
それは腸の真ん中あたりにできた癒着部分で、ピンポン球より一回り大きな
ボール状のもの。
これのせいで食欲も落ち、便もでにくかった。
そして手術を、終えて出てきた院長先生が言った言葉
『腸の癒着部分はほっておいたら 腸閉塞を起こして
あと2週間くらいの命だったかも』
で、本当に手術して良かったとおもいました。

取れた部分は病理検査にだしてもらうので、結果が来るまでは安心できませんが。


b0122401_21493951.jpg


傷口は大きく痛々しいけど、出血も少なかったから良かった!
麻酔が冷めたカフェの顔もしっかりしています。
頑張ったよカフェ!
b0122401_32172.jpg

病院が閉まる8時まで、待合室で点滴するカフェに付き添いました。
退院したら、またおサカナ見に行こうね!

DMになって3年が過ぎ、前足は歩き出せなくなったけど、
まだ地面に踏ん張れる。首も何とか動かせる。
もう少し一緒に歩いて行こうね。
[PR]
by kaffeemocha | 2017-03-07 01:38 | カフェ | Trackback | Comments(0)