愛犬カフェの出産記録&カフェとモカの親子日記


by kaffeemocha
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2007年5月25日に カフェは7頭のbabyを産みました。

今日は その記念日。
こどもたちは10歳になりました!

残念ながら、モカは 先に天使になってしまったけれど
ほかのコは元気かなぁ


b0122401_17102945.jpg
b0122401_17110797.jpg

生れるときは、必死で産まれ出たコのカラダの模様をスケッチし、
生まれた順に
ド  レ  ミ(死産)
ファ  ソ  ラ  シ  #(シャープ)と名付けました。

のちに それぞれの家族のもとに行ってから
ハッチくんマルクくんモモくんアンちゃんモカピノちゃんアロアちゃん
と 名づけられました。

モカだけが シッポつき~!



b0122401_17244070.jpg
大胆な 授乳風景~。




b0122401_17251530.jpg
カフェとbabyたち。





b0122401_17262403.jpg
モカ。

☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘ ☘

カフェにも 自分にとっても 出産は 大変な経験だったけど
70日間 可愛いパピーに囲まれて、カフェのお母さんぶりも見られて
そして モカのシッポを楽しんで・・・・
幸せな 10年間でした。

カフェに 感謝し、苦労をねぎらい・・・・
今日は ご馳走を(^^♪  と
思ったのに カフェはまたオナカがピーピー!

また 今度になりました。。。。

こどもたちみんな、
      おめでとう 🎉



[PR]
# by kaffeemocha | 2017-05-25 18:02 | カフェ | Trackback | Comments(4)

虹の橋のたもとで

GWも 火曜日と金曜日は
カフェの点滴のために 病院通いでした。

先週は 1時間に60mlのペースだったので、
終わるまで3時間もかかったけれど
今週から量は200mlに増えたけど、1時間に100mlの早さに
なったので、2時間で終わります。
いつもカフェの隣で一緒に待っているのですが、
今日は、部屋にあった本を手に取ると……

b0122401_17493947.jpg
b0122401_17110797.jpg
b0122401_17565421.jpg
b0122401_17045991.jpg
b0122401_16583798.jpg



あとがきに 思わず涙してしまいました。

『短いようでも、数十年も連れ添った 動物との別れに際して、
もし飼い主に後悔が あるとすれば
裏返しに言うと、それは たくさん愛した証しであり、
いつまでも愛している 証しだと言えるでしょう。』

モカのこと……
いつまでも 大好きだよ

虹の橋で また会えるよね

[PR]
# by kaffeemocha | 2017-05-05 16:28 | モカ | Trackback | Comments(0)

天使になった モカ

2017年4月19日(水曜日)
午後19時54分に
カフェの娘、モカが 虹の橋を渡りました。。。。


b0122401_20320619.jpg
来月で 10歳になるところでした。
私はもちろんですが、 誰もがみな
カフェが先にいくと 思っていました。

カフェはDMになって3年、寝たきりだし
先月は脾臓と腸の一部を 摘出し  癌の転移も心配している状態。

” カフェがいなくなった後は、モカとたくさん散歩してあげよう。
     モカもおなじ病気になったら カフェのものを使えるな・・・・・”
と 考えていました。

まさか モカが、、、、

でも、今月初めから   モカは 歩くことを嫌がったり
亡くなる1週間前から少しずつ 食も細っていました。
そして なくなった日は、
私が午後2時 しごとから帰って 一休みし、
モカを病院へ連れて行こうとしたとき、
帰ってから モカを外に出していたので、玄関の外にいつもいるはずが いない。
庭でおしっこかな? と回ってもいない。
あれ~? と庭のウッドデッキの下にもいないと思ったら、
ウッドデッキの足元でうずくまっていた モカ。
息が荒い。。。

急いで病院へ!!
血液検査や心電図、レントゲンの結果
腎臓が萎縮していて腹内には ガスが溜まっていました。
すぐに 点滴で抗生物質や 利尿剤をいれても
おしっこは出ません。
数時間たち、呼吸がもっと荒く・・・  そして目の前で呼吸も止まってしまいました。

もっとはやく 気づいていたら。
検査してあげたら。
後悔しても 時間は戻りません。
b0122401_20295347.jpg
亡くなる日の朝、めずらしくカフェの隣で寝ていたので、撮った写真。
この時 モカは お母さんであるカフェに もうすぐ天に召されることを伝えたのかな。

その日は平日だったけど、
離れて住む 息子と娘がふたりとも モカに会いに 帰ってきてくれました。

b0122401_20313855.jpg
たくさんの お花と 大好きなおやつに囲まれて
22日土曜日 荼毘に付しました。
手作りの 「おやつせいげんちゅう」の首飾りと、お気に入りのつぶれたボール、ジャーキー、
いつもトイレに 空いたトイレットペーパーの芯があると持ってきて おやつ1個と交換していたので
天国でも それができるように芯を二つ。



b0122401_20293844.jpg
動き回るモカがいないと とても静かすぎる部屋。
でも きっとモカは
カフェを守ってね! と言ってるでしょう。
この部屋で生まれ、しっぽのついたモカ。
カフェのお腹の中に 2か月いたから、うちにいたのは10年以上だね。

すぎ去った日々を後悔するのは 後ろ向きだから
「ごめんね」は
「ありがとう」に変えるよ!


b0122401_20321722.jpg

モカが最期に動けなくなった ウッドデッキの足元の花壇には
ステキな 通年草を植えようね。


.
             きょう 初七日を迎えました。

                 もういちど、
            モカと出会えたことは 幸せだったよ 
            と伝えたい。





[PR]
# by kaffeemocha | 2017-04-26 21:12 | モカ | Trackback | Comments(0)

桜便りと共に。

b0122401_00275171.jpg
b0122401_22363126.jpg



桜の季節、
今日からカフェは 統合医療をしてくれる病院で
癌に対する治療*オゾン療法と高濃度ビタミンC点滴療法を
始めました。
ここの病院では、カフェが 歩けなくなってから 毎週火曜日に来てくれる
スウェーデン式ドッグマッサージの先生にお世話に なっている場所です。


オゾンは一番の酸化物質であるため、殺菌作用が最も知られています。
酸素供給量を増やすことで、細胞の代謝を活性化させて免疫系の調節を行うこと、抗酸化作用を高めることで動物自身の治癒する力を引き出すことを促す治療法です。

高濃度ビタミンC療法は、
大量のビタミンC(アスコルビン酸)を点滴投与することで、
がん細胞だけを選択的に叩いてしまう画期的でシンプルな治療法です。
人間のクリニックで導入され始めている新しいがん治療法のひとつですが、
一部の動物病院でも犬や猫のがん治療に取り入れています。

ここの病院では、単に治療=薬の投与ではなく、栄養面の重要さ、体本来の免疫を高めてこそ、治療に向き合えることを 教えてもらいました。

場所も、マッサージでカフェが通っていたところなので、
リラックスして過ごせそうです。
これから週二回、カフェと一緒に頑張ります!
[PR]
# by kaffeemocha | 2017-04-04 14:50 | カフェ | Trackback | Comments(0)
3月6日に手術し、術後の経過は順調。
少しずつ普通の硬さのご飯も食べられるようになり、
3日前からは 💩も軟便から 形になるものになりました。

抜糸までは 大きなカートで暖かい日に 外へ。

b0122401_19584457.jpg
川まで来ると、下に降りたそうな顔!
でも、水が全くないので がまん、がまん。
b0122401_19592542.jpg

b0122401_19594946.jpg
やっと抜糸してもらったし、今日は雨がたくさん降ったから、
明日のお散歩は 車椅子で行けるよ!

・・・・・・・・・術後の回復の喜びだけなら よかったのですが、
病理検査の結果が 出ました。

脾臓については   「血管肉腫」。
腸の一部については 別の悪性腫瘍。

血管肉腫は 予後の悪いガンです。
もとの 臓器を摘出しなければ余命 3か月。
手術で取っても 転移が多いので 半年くらい。

今日、今後の治療について 獣医の先生と相談してきました。
 今の元気な状態で 強い抗がん剤を点滴する方法がひとつ。
  ただし、副作用で体が弱ったり 食欲が落ちる。

あるいは、肝臓に白い斑点があったので転移が始まっているかもしれないが、
弱めの内服薬で 様子を見る方法。
 
     私は後者を選択しました。

今日の血液検査の結果では、前回の術後1週間めの数値よりも、肝臓も正常値の範囲だし
白血球も少なくなっていました。
それだけが 救いです!

カフェの後ろ足の麻痺から 約3年が経ち
前足も立てなくなってきた今、これから進行するDMと ガンの転移と
どちらが先か わからないけれど

一番 状態のよい今
またカフェの 食べる楽しみ、川でオサカナを見る楽しみを
もうしばらく 続けることができることが 大事なこと。

これからの病気との戦いを 一緒にがんばること。
そう 決めました。

手術した病院での抗がん剤治療と定期的検査
それに ホリスティック療法の病院でのいくつかの療法を試してみるつもりです。

できるだけ長く 一緒に居たいから・・・
できるだけ長く カフェの笑顔を見たいから。
 
 

[PR]
# by kaffeemocha | 2017-03-21 20:38 | カフェ | Trackback | Comments(0)