愛犬カフェの出産記録&カフェとモカの親子日記


by kaffeemocha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

モカ 受難の1週間

3月24日はカフェbabyの小さな命が芽生えた記念日でした。(交配成功した日)
b0122401_1571079.gif

b0122401_126394.jpg

b0122401_1573488.gif

先月、千葉に旅行したあと 28日(土)の夕食のときから
モカの食べっぷりがおかしいと気づきました。
いつもガツガツと、カフェより早く食べ終わるモカなのに 残してしまいました。
次の日も食欲なさそうで元気がありません・・・・
鼻水たれてるし・・・風邪かなぁ?」
「今日1日様子をみて具合が悪ければ明日病院へ連れて行こう」
ということにしました。

30日の月曜日。
病院で症状を言って診てもらうと・・・
☆熱がある(39.8度ありました)
☆食欲・元気がない
☆生理中である
     ↓
血液検査の結果、白血球数が正常値の5倍くらいもありました。

子宮蓄膿症の疑いがあるので、超音波でもみてもらいました。
まだ生理中にしては 出血がいつもより少なくて お腹の中に少し何かたまっている様子。

生理血を顕微鏡で見たら、ばい菌がウヨウヨ!!

やっぱり、子宮内膜炎をおこしているようでした。
b0122401_2153468.jpg

















発情中はカラダのしくみから、免疫力がおちているそうです。
そこへ外部から菌に感染すると子宮内膜にはいりこみ 増殖して膿が溜まるのが
「子宮蓄膿症」です。

ひどくなると、水をたくさん飲んで尿量が異常に増えたり
膿性のおりものがでたりします。
幸い、モカの場合はそういうことがなかったので、
とりあえず、注射と内服の抗生物質を処方されて帰りました。

その日からゴハンも食べずにずっと寝てばかり。
心配で目が離せませんでした。
カフェを散歩に連れて行くときは まだ春休み中の娘がみていてくれました。

3日後もまだ白血球は高いまま。
この病気は普通、中年期以降の避妊していない雌犬に多いそうですが
まだ若くて抵抗力もホルモンバランスもよいはずのモカが
かかってしまうなんて・・・・・・。
しかも一度かかると、体にひそんでいる菌が次の発情期の時に
また増殖して繰り返す恐れがあります。
一番の治療は、手術して子宮をとることですが・・・・。

まるまる1週間寝たままのモカは7日目にやっと、少しずつ食べられるようになり、
4月5日には元気も回復して ほっとしました。
こんなに元気のないモカは初めてでした。
b0122401_2433119.jpg

この間は お散歩も カフェしか連れて行かないので
犬仲間も心配してくれていました。
でもカフェは家ではモカを気遣う風もなく
お散歩もフツーにはればれと?             

ウ~ン・・・心のなかでは具合が悪いコトわかっていてほっておいてくれたのかなぁ。

b0122401_2454733.jpg

また親子そろってお散歩に復活できる頃、川原は菜の花でイッパイになりました。
b0122401_2492169.jpg

b0122401_2494196.jpg
菜の花もおいしいよ。ムシャムシャ
b0122401_2515165.jpg
1キロやせて11キロになっちゃったけど元気になってよかったね、モカ!
モカのカラダを思ったら、今後避妊手術も考えています・・・・・
トラックバックURL : https://kaffeelove.exblog.jp/tb/10704566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kaffeemocha | 2009-04-12 07:00 | カフェとモカ | Trackback | Comments(0)