愛犬カフェの出産記録&カフェとモカの親子日記


by kaffeemocha
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

モカのしっぽ

今年の七夕も天の川がみられませんでしたね。
b0122401_23432792.jpg










去年の7月3日にモカ以外6頭の
カフェの子たちと
お別れしたのでした。
短冊に
みんなの幸せを祈りました☆











この出産記を始めから読んでくださった方はご存知と思いますが、
理由があって カフェの子 モカはシッポつきのコーギーです。
b0122401_2350277.jpg















短足胴長のからだには立派すぎるくらいのシッポですが、
とてもカワイイんですよ。
ふつう、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークという犬種は
シッポの短い(ほとんどない)犬種です。

その起源は、コーギーという犬種の生まれたお国 イギリスで
牛を追い立てる役目があったため、牛にシッポを踏まれないように

切ったといわれています。

ブログにも書きましたが、
昨年 カフェの子どもをとることを決めたとき
私は1頭残すうちの犬はシッポを切らずにいよう、と決めていました。
交配相手のオスは、
カフェの両親のオーナーでもあるブリーダーさんにお借りする代わりに
手元に残す1頭以外はブリーダーさんのところで公開して
そこの出身の子たちとして扱われるために
シッポを切って渡さなければなりません。

私がこだわってシッポをつけたかったように
そのブリーダーさんのほうでも
シッポのないコーギーのオーナーとしての
ポリシーがある
ので、
モカは ノリコットファームの血統の子としては
特例 なわけです。

カフェにはシッポがないので、はじめはモカのシッポが
めずらしかったけれど、今ではすっかり見慣れました\((=゚ω゚=))/
一般的な犬たちと同じように、
しっぽは 喜怒哀楽を表したり カラダのバランスをとったりしていて
役に立っています。
   ↓



ときどき、自分のシッポを咬もうとして
ひとりでグルグル回っているときもあります (爆

わたしは、モカが横になっているとき 「モカ~」と声をかけると
寝ながらシッポをユラユラするときが 好きです。
b0122401_1183692.gif
b0122401_115117.jpgモカのしっぽ、
キツネみたいです。
いっしょに遊んでいる
イタリアングレートのロイくん、
ホントにしっぽまでほそ~い!
[PR]
トラックバックURL : https://kaffeelove.exblog.jp/tb/9003127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaffeemocha at 2008-07-09 02:31
すみません。
ブログ中の↓の下に動画をいれたのですが、
Operaのブラウザでは見れないようです。
Internet Explorerでは見れると思います。
何か、Operaがおかしくなっちゃった・・・・
Commented by まにぽち at 2008-07-16 20:40 x
尻尾可愛いですね~フリフリして走る姿がとても愛らしいです。うちはどちらもペットショップで買ったのでもちろんないですが、マニは嬉しいときその名残を一生懸命フリフリしています。とても可愛いと思いますよ、コーギーの尻尾も。
Commented by kaffeemocha at 2008-07-16 21:43
まにまにさん、こんにちは。
ぽちちゃんも大きくなりましたねぇ!
あっという間ですね・・・でもまだまだ
カワイイ!
トライカラーの色合いもまた いいですね♪
二頭が仲良くしていると、なごみます。
「プロレス」はまだ しませんか?
by kaffeemocha | 2008-07-09 08:39 | カフェとモカ | Trackback | Comments(3)