人気ブログランキング |

愛犬カフェの出産記録&カフェとモカの親子日記


by kaffeemocha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2019年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

カフェの月命日

b0122401_20582883.jpeg
今日は、カフェの月命日です。
虹組になってから、1年と7ヶ月が経ちました。

1年と7ヶ月………

カフェは、3年間 DMという病気と闘いました。
その半分の月日が もう過ぎたんだと思うと、
3年間が あんなに長く感じたのは
毎日のカフェの日課 = 川の水を覗いて おサカナをみること =
を続けさせるために日々 ゆっくりと進行していく症状に応じて、
どうやったら 川まで歩き、水の中を見ていられるか、体を支えられるか……
工夫の日々だったから、一生懸命の日々だったから
長く感じたのかな。
b0122401_20592036.jpeg
そんなことを考えると、
病気になる前の10年間は
好きなことを毎日して、元気いっぱいに過ごしていたんだなぁと
改めて思いました。
b0122401_20595617.jpeg


ね❗️カフェ。
色んなところへ家族で旅行も行ったね。
いつも一緒だったね。
b0122401_21004341.jpeg



そして、カフェとモカのふたりの天使に導かれてうちの子になった
ラテ。

モカの1年目の命日の4月と
カフェの1年目の命日6月の
間にはさまれて
5月に産まれたラテ。


b0122401_21252503.jpeg


ブリーダーのオーナーが
3月に急死して、
ラテのお母さん犬が出産の時には
誰もいなくて
どんな状況で母犬は生んだのだろう。

モカたち7頭のカフェの子が
うちで生まれた様子を知っているからこそ、
胸が痛みます。
そしてラテが 両目白濁しているのは、
1回目のワクチンを打つ前にアデノウイルス に感染した後遺症と言われているけれど、
ほかのきょうだい犬たちはどんな症状だったのだろうか。
命があっただけでも
幸せなこと。

ラテを迎えに行くまでは、
全盲だと思ったのに、
家に連れて帰ったら、
部屋の中でぶつからずに走れるし、
水のカップもすぐに覚えた。
散歩も普通に歩ける。
毎日 夕方は川原で友だち数頭と
走り回れる。

こんな幸せなことはないです。

カフェとモカ、ラテに
感謝です。


ありがとう。












by kaffeemocha | 2019-01-02 21:34 | カフェ | Trackback | Comments(2)